ログイン | English | ヘルプ

現在地

第3回知的書評合戦「ビブリオバトル」報告(札幌館)

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年7月6日(金)、附属図書館札幌館第3回知的書評合戦ビブリオバトルを開催しました。

今回は図書館のエントランスでテーブルを囲み、少人数で行う形式をとりました。大勢の前で発表するのは苦手だが、気軽にチャレンジしてみたい、という学生も集まり、接戦となりました。
バトラーも、自分の発表に生かそうと他のバトラーの発表に熱心に聞き入っているようでした。

最初に紹介した本は、有川浩著『三匹のおっさん』

2番目に紹介した本は、『世界の夢の本屋さん』

3番目に紹介した本は、寄藤文平著『元素生活』

4番目に紹介した本は、有川浩著『シアター!』

4人の発表後、一番読みたくなった本を挙手によって投票し、栄えある3回目のチャンプ本には「元素生活」が選ばれました。

終了後、バトラーや観戦者はお互いにおすすめの本や作家を紹介し合ったり、発表の感想を話したりと、和やかな雰囲気で締めくくられました。

ビブリオバトル開催にあたって準備・運営に協力してくれた図書館学生サポーターの皆様に深く感謝します。どうもありがとうございました。

第3回チャンプ本(『元素生活』)を紹介してくれた大川さんへのインタビュー

――チャンプ本に選ばれた感想は?
私の喋りで優勝出来るとは思っていなかったのですが、本はピカイチに面白いと思っていたので、皆さんに「面白そう!」と思っていただけたことが一番嬉しいです。

――この本を選んだ理由は?
ビブリオバトルに出るのなら、皆さんが知らない或いは取っ付きにくい分野の、楽しくて興味をそそられる素敵本を紹介したいと思いました。

――ビブリオバトルを知ったきっかけは?
図書館職員の紹介です。

――実際にやってみた感想は?
他人に伝えたいことを伝えるのは本当に難しいです。

――普段の読書量はどのくらい?
大学生になってからはあまり本を読むことがなくなってしまいました。いま読んでいる本は「世界で一番美しい元素図鑑」ですが、普段はもっぱら物語と芝居の台本ばかり読んでいます。

第3回ビブリオバトルで紹介された本(発表順)

『三匹のおっさん』有川浩著(文春文庫・2012年刊)
『世界の夢の本屋さん』(エクスナレッジ・2011年刊)
『元素生活 Wonderful Life With The ELEMENTS』寄藤文平著(化学同人・2009年刊)
『シアター!』有川浩著(メディアワークス文庫・2009年刊)

各館ページ: 
記事の種類: