Search
By category
Detail search

You are here

活動報告

Undefined
記事の種類: 

ビブリオバトルとは、京都大学のとある研究室で始まった勉強会形式のお気に入り本を紹介する書評合戦で、参加者それぞれが持ち寄った本の内容を5分間で紹介し合い、どの本が一番読みたくなったかを競うゲームです。
2011年10月に開催された「ビブリオバトル首都決戦2011」では岩見沢校の杉目美奈子さんが優勝しました。また「ビブリオバトル首都決戦2012」では、札幌校の大上泰裕さんが北海道代表として本選に出場する等、本学学生も学内外で積極的に参加し活躍しています。

平成25年度

全学ビブリオバトル2013開催報告

全学ビブリオバトル2013・岩見沢館開催報告

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年11月30日(金)、附属図書館札幌館第4回知的書評合戦ビブリオバトルを開催しました。

今回は運営から進行まで、学生サポーターの手によって行われました。
今回のチャンプは、全学ビブリオバトルの札幌校代表に選ばれるということもあって、歴代のチャンプが参戦する接戦となりました。

最初に紹介した本は、重松清著『ロング・ロング・アゴー』

2番目に紹介した本は、『こども哲学』

3番目に紹介した本は、有川浩著『阪急電車』

4番目に紹介した本は、『超訳ニーチェの言葉』

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年8月3日(金)、ビブリオバトル首都決戦2012予選会を開催しました。

「ビブリオバトル首都決戦2012」とは、10月に東京で開催される、全国の大学から予選会を通過したバトラーが集うビブリオバトルの大会です。
今回はその予選会で、本校代表に選ばれると9月28日に開催される北海道ブロック地区決戦に出場できるということもあり、過去最多の5名のバトラーが出場しました。歴代のチャンプ本を紹介したバトラーも参加し、会場では熱戦が繰り広げられました。

5人の発表後、観戦者の挙手による投票で一番読みたくなった本を選びます。
栄えあるチャンプ本には「凍りのくじら」が選ばれ、本校代表には大上泰裕さんが選ばれました。大上さんには、9月28日(金)に紀伊國屋書店で開催されるビブリオバトル首都決戦2012北海道ブロック地区決戦に出場して頂きます。

予選会チャンプ本(『凍りのくじら』)を紹介してくれた大上さんへのインタビュー

――チャンプ本に選ばれた感想は?

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年7月6日(金)、附属図書館札幌館第3回知的書評合戦ビブリオバトルを開催しました。

今回は図書館のエントランスでテーブルを囲み、少人数で行う形式をとりました。大勢の前で発表するのは苦手だが、気軽にチャレンジしてみたい、という学生も集まり、接戦となりました。
バトラーも、自分の発表に生かそうと他のバトラーの発表に熱心に聞き入っているようでした。

最初に紹介した本は、有川浩著『三匹のおっさん』

2番目に紹介した本は、『世界の夢の本屋さん』

3番目に紹介した本は、寄藤文平著『元素生活』

4番目に紹介した本は、有川浩著『シアター!』

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年6月7日(木)、附属図書館札幌館第2回知的書評合戦ビブリオバトルを開催しました。

今回は2回目の開催ということもあり、図書館学生サポーターのアイディアから、案内リーフレットの配布、観戦者の目に留まりやすいよう紹介本を大きく掲示するなどビブリオバトルや本の魅力をよりわかりやすく伝える工夫がなされました。
初の職員からの参戦、そして前回観戦し興味を持った学生が初参戦するなど、ビブリオバトルが着実に学内に根付いているように見受けられました。

最初に紹介した本は、関野吉晴著『グレートジャーニー』
2目に紹介した本は、有川浩著『図書館戦争』

3目に紹介した本は、飯島奈美著『Life:なんでもない日、おめでとう!のごはん。』

4目に紹介した本は、三浦しをん著『舟を編む』

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

平成24年5月8日(火)、附属図書館札幌館で知的書評合戦「ビブリオバトル」を開催しました。
ビブリオバトルは、京都大学で始まった書評を競うゲームのことで、最近では全国的な広がりを見せています。キャッチフレーズは「本を通じて人を知る。人を通じて本を知る。」

今回は札幌校で初めての開催になるので、まずはビブリオバトルがどういうものか知ってもらい、認知度を高めることを第一の目的としました。そのため昼休み時間に、学生食堂に隣接する学生ホールという多数の学生が集まるスペースで実施し、より多くの人に実際に見てもらうことを意図しました。

当日は、図書館学生サポーターが手作りフライヤーを事前に配って宣伝した甲斐もあって、大勢の観戦者が集まってくれました。また開催を知らなかった人も足を止めて観てくれ、予想以上の盛況となりました。各バトラーによる本の紹介後には、参観者による質問が多く飛び交い、本に対する興味や読書意欲が高まったように思います。

最初に紹介してくれた本は、三浦しをん著『きみはポラリス』

2番目に紹介してくれた本は、上橋菜穂子著『精霊の守り人』

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2012図書館活性化プロジェクト「ビブリオバトル」

2012年12月14日、附属図書館で全学ビブリオバトルを開催しました。
ビブリオバトルとは、お気に入りの本を持ち寄って、その面白さを5分間で紹介し、どの本が一番読みたくなったかを参加者の投票で決める書評合戦です。
これまではキャンパス毎にビブリオバトルを開催してきましたが、今回初めて5キャンパスをテレビ会議システムで結んで全学イベントとして開催しました。カメラに向かって本を紹介するという通常とは違う形式のため少々話しにくかったようですが、本好きの学生たちによる、キャンパスを超えた交流の機会になりました。紹介された本は以下の5冊です。

*内藤大助著『いじめられっ子のチャンピオンベルト』講談社(チャンプ本)
*吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』岩波文庫
*千早茜著『魚神』集英社
*ニール・ゲイマン著『コララインとボタンの魔女』角川書店
*モーパッサン著『ロックの娘;ミス・ハリエット他9篇』岩波文庫

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

「北海道教育大学図書館書評コンテスト2012」審査結果

このたびで本学では、「本との出会いを大切にし、すばらしい本との出会いを皆に伝えてほしい」との目的で、「北海道教育大学図書館書評コンテスト2012」の募集を行いました。(募集期間:~2012年11月30日)
審査委員会による厳正なる審査の結果、以下の5作品が選定されました。

優秀賞1編

中居みよ(教員養成課程教育臨床専攻)
「人生の師となる本との出会い」
(アラン著『幸福論』岩波書店 )

佳作4編

西内正志(教育学研究科高度教職実践専攻)
「希望の旅立ち」
(鈴木清剛著『ロックンロールミシン』)

酒井和(教員養成課程国語教育専攻)

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

書評コンテスト2012応募要領

書評には、書籍の内容紹介や感想だけでなく、批評・評価が必要です。
書籍全体の内容・意図を把握し、論点を整理したうえで、客観的な論評をおこなってください。

応募資格

本学学生(学部学生、大学院生、留学生等)

書評対象図書

本学図書館所蔵の図書であること。ジャンルは問わない。

文字数

1,200字~2,000字とする。

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

本との出会いを大切にし、すばらしい本との出会いを皆に伝えよう!
自分の選んだ本とじっくり向き合って、自分の考えを整理し、論理的な批評を加えた書評を書いてみませんか。

附属図書館では、学生が読書により興味を持ち、図書館を積極的に活用することを期待して、平成24年度から「書評コンテスト」を開催しています。これは、図書館活性化プロジェクトの一環でもあります。

募集要領

Pages

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから