キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

第4回北海道教育大学懸賞論文

第4回北海道教育大学懸賞論文&小説審査結果

北海道教育大学附属図書館懸賞論文は、「本との出会いを大切にし、すばらしい本との出会いを皆に伝えてほしい」との思いで平成20年度から実施してきました。
4回目となる今回は、より一層の思考表現力および文章作成力の向上を目的として、小説部門を新設し募集しました。(募集期間:2011.10.3~2012.1.9)
総数47編(小論文9編、感想文13編、小説25編)もの応募がございました。たくさんのご応募ありがとうございました。
審査結果を下記に発表します。

優秀賞3編

【小論文部門】
 小田 健太(大学院教育学研究科1年)「寺山修司の短歌における「教師」」

【感想文部門】
 佐藤 由佳(函館校3年)「運と幸運」

【小説部門】
 佐伯 はる香(札幌校4年)「梵(ラージャ)」

佳作4編

【小論文部門】
 中村 望(釧路校4年)「『源氏物語』研究~女三宮論~」

 武田拓也(旭川校3年)「パフォーマンスとしてとらえる「話すこと・聞くこと」とその指導」

【感想文部門】
 谷口彩(旭川校3年) 「全ての出逢いに感謝すること」

【小説部門】
 加藤亞弓(旭川校4年) 「お兄ちゃんとの非日常」

*作品は、図書館報第88号別冊に掲載しています。

表彰式

所属するキャンパスの図書館で表彰式を開催し、各構成館長から賞状および記念品が授与されました。
(左上:札幌館/右上:函館館/左下:旭川館/右下:釧路館)

記念写真(札幌館)記念写真(函館館)
記念写真(旭川館)記念写真(釧路館)

各館ページ: 
記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。