Search
By category
Detail search

You are here

活動報告

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

北海道教育大学附属図書館旭川館



2012年度旭川館図書館活性化プロジェクト報告

  1. 学生選書委員会 選書期間:7月~12月 展示期間10月~1月

    たくさんの人が使う図書館の本。学生にそういう視点を持って時間をかけてじっくり選書してもらうという企画を行いました。

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

北海道教育大学附属図書館旭川館



2011年度旭川館図書館活性化プロジェクト報告

  1. 図書館選書ツアー 2011/11/12(土)~13(日) 於: ジュンク堂書店

    本屋さんにみんなで出向いて本を選ぼうという企画です。選書後はツアー参加者にPOPを作ってもらい展示しました。


  2. 第3回ブックカフェ「夜空を見上げて~星空の楽しみ方」
     2011/12/9(金) 旭川校学生ホール 16:30-

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

岩見沢館学生サポーター企画

クリスマスミニコンサート


コンサートちらし
ちらし作成:美術コース3年 田川明美(学生サポーター)

2013年12月12日(木)12:20から「学生サポーター企画」図書館ミニコンサートを開催しました。
会場は図書館内学習スペース。ふだん図書館に来ることのない人に足を踏み入れてもらうことと、
岩見沢館にレコードコーナーができたことを宣伝することを目的に考えられた企画です。

コンサート準備
演奏者を待つ譜面台

音楽に詳しくない人でも馴染みのある曲ということでビゼー「カルメン」と「クリスマスソングメドレー」を
音楽コース2年生による木管五重奏で楽しんでもらい、曲の合間に図書館にあるレコードをプレーヤーでかけて
紹介する構成にしました。学生サポーター企画ということで当日はサポーターの皆さんが手伝いに駆けつけて
くれました。
さて、お客さんは来てくれるでしょうか?

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

平成25年度読書会,映画鑑賞会の開催を報告します。

今回のテーマは『図書館戦争』(有川 浩著)です。
映画鑑賞会を先に行い、1週間後に読書会を行いました。

12/12(木)映画鑑賞会

未来の日本で、メディアを取り締まり、検閲するメディア良化隊とそれに反対する
図書隊の対立,互いに戦闘するシーンが主に描かれています。
迫力あるアクションシーンが多数あり、見応えのある作品だったと思います。
映画館までとはいきませんが、図書館の視聴覚室でも充分堪能できたのではないでしょうか。

12/19(木)読書会

終始和やかな雰囲気で会は進みました。
原作の感想は、設定がわかりずらく、漢字も多いので読みずらい部分もあるが、
とてもリアルで、人物描写が上手い,感情移入しやすく読み手を引き付ける,
最近話題の特定秘密保護法を想起させる,などたくさんの感想・意見が寄せられました。

Undefined
記事の種類: 
各館ページ: 

第1回選書ツアー

岩見沢館では「平成25年度図書館活性化プロジェクト」の一環として
平成25年8月2日(金)に学生選書ツアーを開催しました(会場:紀伊国屋書店札幌本店)

選書ツアー2選書ツアー1

当日は11名の学生さんが参加し、計114冊の図書を選びました。
選んだ本は学生さんの作成したPOPをつけて、新着図書コーナーに展示しました

選書ツアー3選書ツアー4

第2回選書ツアー


平成26年2月12日(水)に第2回選書ツアーを開催しました(会場:紀伊国屋書店札幌本店)
Undefined
タグ: 
各館ページ: 
記事の種類: 

2013年12月5日(木)、「全学ビブリオバトル2013」を開催しました。
本学5キャンパスの会場を双方向遠隔システムで結んでおこなったもので、昨年に続き2度目の開催でした。
同じ大学とは言いながらキャンパス間の距離が離れているため、全学イベントの企画は難しいのですが、今回のビブリオバトルは5キャンパスの学生が交流できるよい機会になりました。

テレビ画面

芝木附属図書館長の開会挨拶後、バトラーの発表順をジャンケンで決めることになりました。
当初、双方向遠隔システムでジャンケンは難しいか?と思って予定していなかったのですが、いつもと違う雰囲気で緊張気味だった会場が一気に和み、話しやすい雰囲気に変わりました。

最初に発表してくれたのは、函館校の中西亮太さん。紹介図書は『催眠法の実際』斎藤稔正著
巧みなプレゼンに導かれて中西さんのマジックにかかった聴衆もいたかも?

2番目は札幌校の濱野春菜さん。紹介図書は『うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-』山田タロウ著

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2013年11月12日(火)、全学ビブリオバトル札幌校予選会を開催しました。

館内のグループ視聴覚室で行われたビブリオバトルは、
多数の図書館学生サポーターも集まり、終始なごやかな雰囲気で行われました。

栄えあるチャンプ本には濱野春菜さんが紹介した、
「うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-」が選ばれました。
濱野さんには、札幌校の代表として12月5日(木)に開催される
全学ビブリオバトルに出場して頂く予定です。

【紹介された本】

「うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-」山田タロウ著 角川書店 2006
「お料理なんでも相談室―面白南極料理人」西村淳著 新潮文庫 2004
「小さくても、勝てる。」佐藤寿人著 幻冬舎 2013

更新日:2013年11月13日

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

10月12日(土)、札幌紀伊國屋書店にて開催された「ビブリオバトル首都決戦2013北海道地区決戦」において、
札幌校の図書館学生サポーター、大上泰裕さん(基礎学習開発専攻3年)が北海道代表に決定しました。
大上さんは、昨年も北海道代表に選ばれており、今回が2度目の出場です。
チャンプ本は、札幌校の予選会と同じく『「磯野家」の幸福』(おかのきんや著)でした。

大上さんは、もう1名の北海道代表と共に、
11月24日(日)に開催される東京での首都決戦に出場します。
首都決戦でも活躍してくれることを期待しています。

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2013年10月3日(木)、ビブリオバトル首都決戦2013札幌校予選会を開催しました。

「ビブリオバトル首都決戦2013」とは、11月に東京で開催される、
ビブリオバトルの学生全国大会です。

多くの観戦者が見守る中、栄えあるチャンプ本には
大上泰裕さんが紹介した、おかのきんや著『「磯野家」の幸福』が選ばれました。
大上さんには、札幌校の代表として10月12日(土)に紀伊國屋書店で開催される
ビブリオバトル首都決戦2013北海道ブロック地区決戦に出場して頂きます。

北海道ブロック地区決戦についてはこちらをご覧ください。
【ビブリオバトル北海道】
http://bibliobattle-hokkaido.jpn.org/

更新日:2013年10月3日

Undefined
各館ページ: 
記事の種類: 

2013年9月5日(木)~6日(金)に開催された第55回北海道図書館大会で、本学の図書館学生サポーターが活動報告をおこないました。
報告した第5分科会のテーマは「学生から大学図書館を語ろう」で、最初にコーディネーターが大学図書館での「学生協働」について概要説明と事例紹介をし、続いて北海道大学と本学の学生サポーターがそれぞれの活動を報告しました。

本学のサポーターを代表して発表してくれたのは以下のみなさんです。
濱野春菜さん(大学院1年)
山村友里さん(学部4年)
角谷隼秀さん(学部1年)
寒川千歳さん(学部1年)
中井康介さん(学部1年)

発表内容は、サポーターの活動目的、これまでの活動紹介と今後の予定についてまとめたもので、特に読書会とビブリオバトルは教育大生にとって将来役に立つスキルを得る機会になり、企画段階から参加することで得られる達成感や、読書の新たな魅力・楽しみを語ってくれました。
今後は、普段あまり読書をしない人達に向けて読書の魅力や図書館資料の活用法をアピールしたい、そのために長期的な活動計画を立てて継続的に活動する必要性があると締めくくりました。

発表してくれたみなさん、ありがとうございました。
今後の活動に活かすよう、職員も取り組んでいきたいと思います。

Pages

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。