ログイン | English | ヘルプ

現在地

人生を動かすような本に出会ってほしい

『景観生態学』 横山 秀司(著)

景観生態学

図書の詳しい情報と配架場所をみる

推薦者

村上 健太郎(むらかみ けんたろう) 函館校 地域協働専攻/准教授

推薦のことば

著者の横山秀司さんは地理学者でドイツが起源の景観生態学(Landscape Ecology)の考え方をいち早く日本に紹介した研究者です。
この本には、景観生態学の考え方が丁寧に書かれています。

この本を初めて手に取ってくれた人には、「なんだ、ただの教科書じゃないか」と言われそうです。
しかし、個人的な事情ですが、大学の時にこの本に出会わなかったら、また「景観生態学」という言葉を知る機会がなかったら
研究者をやっていなかったかもしれないと思っています。

学生の皆さんの中には大学入学までの道のりで、いろんな学問を「やらされてきた」と思っている人が多いかもしれません。
しかし、大学に入ってからは自分でやりたい学問を選ぶことができます。
自分が取り組んで、「楽しい」と思える学問に出会ってほしいと思います。

自分が好きな学問って何だろう?
それをどうやったら知ることができるだろう?
図書館の本というのも一つのツールではないでしょうか。

図書情報

『景観生態学』
横山 秀司(著)
出版社:古今書院/出版年:1995年/ISBN:9784772216487

※推薦者の所属・身分は2019年3月時点のものです。

記事の種類: 
Reading Well ―教育大生に贈る本― 目次