ログイン | English | ヘルプ

現在地

芸能とは何か、伝統とは何か ―能と狂言の人間国宝二人の対話から知る―

『芸の心 ―能狂言 終わりなき道』 野村 四郎、山本 東次郎(著) 笠井 賢一(編)

芸の心 ―能狂言 終わりなき道

図書の詳しい情報と配架場所をみる

推薦者

中西 紗織(なかにし さおり) 釧路校 学校カリキュラム開発専攻/准教授

推薦のことば

700年近い歴史を持つ能・狂言が現代まで伝えられ生きている、その根底にあるものは何か。
芸能とは何か、伝統とは何か。
傘寿を迎えた人間国宝の二人、観世流シテ方野村四郎氏と大蔵流狂言方山本東次郎氏の対話は、そのような問いへの答え以上の貴重な内容に溢れている。

能・狂言を観たことがなくても、長い年月の蓄積の中にある「教える・学ぶ」の方法、舞台表現の「知」、
それを支える考え方、背景にある歴史などに触れてみたい人にもお薦めの一冊。
編者笠井賢一氏による、大変わかりやすい能・狂言の歴史や舞台作品解説も記されている。

図書情報

『芸の心 ―能狂言 終わりなき道』
野村 四郎、山本 東次郎(著)
笠井 賢一(編)
出版社:藤原書店/出版年:2018年/ISBN:9784865781984

※推薦者の所属・身分は2019年3月時点のものです。

記事の種類: 
Reading Well ―教育大生に贈る本― 目次