ログイン | English | ヘルプ

現在地

[函館] [図書展示]みんなで函館の宝をあつめよう~鳥編~

キャンパス・コンソーシアム函館主催の合同公開講座「函館学 2017~函館の魅力発見!~」で
本学の三上修准教授による講演会「みんなで函館の宝をあつめよう~鳥編~」が開催されます。
日時・場所は以下のとおりです。

日時:平成29年10月28日(土)10:30~12:00(第1部)
                 13:30~15:00(第2部)

場所:はこだてみらい館(キラリス函館3階)

講演に合わせて、図書館では三上准教授の著作や鳥に関する図書を展示しています。
ぜひご覧ください。

「合同公開講座 函館学 2017~函館の魅力発見!~」についてはこちらをご覧ください

 

 

ところで、麻雀になぜ「雀」という文字が使われているのか、気になっている方も多いでしょう。

諸説ありますが、有力なのは牌をかき回す音が雀のさえずりに似ているから、だそうです。
近年ではすっかり全自動卓が主流になりましたが、
雀のさえずりを聞くため、たまには手積みでやるのもいいかもしれません。

ちなみに、麻雀の「麻」はもともと中国では「斑点」を表す語で、
麻雀牌の裏面の模様のことを指しています。

2017年10月12日作成

記事の種類: