キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

[釧路]「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催します

【新型コロナウィルス感染拡大防止対応】

(学外者の方へ)
新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、当面の間、附属図書館全館(札幌館・旭川館・釧路館・函館館・岩見沢館)にて、学外者の方のご利用を制限させていただいております。
利用再開の折には、ホームページにてお知らせします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
(学生・教職員の方へ)
各館の事情により開館時間及び利用方法が異なりますので、詳細は各館HPにてご確認願います。

【札幌館改修工事】

附属図書館札幌館は、大規模改修工事のため令和2年7月1日から令和3年3月までの間、休館となります。
ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
詳細については、札幌館HPでご確認ください。

釧路館では,学生図書館サポーター企画として,1月15日(木)18:15~19:30に,釧路館内グループ学習室において「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催します。このイベントは,釧路校の先生を一人お招きして,あるテーマでお話しいただき参加者と交流するものです。今回は芸術教育の富田俊明先生をゲストにお迎えし,「アートをめぐる2つの世界の話」と題して開催します。

ところで,みなさんは“アート”をどのようなものだと考えていますか? もしかしたら,“高級なもの”,“自分には関係ないもの”と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが,富田先生は“アートは自分の中にある”とおっしゃいます。どういうことなのでしょうか?

この「トーク・イン・ライブラリー」は,「大学にはたくさんの先生方がいるのに,講義でしか関わりがないのはもったいない!」という学生図書館サポーターたちの思いが発端となって企画されました。普段はゆっくりとお話をすることのない先生に接することのできるまたとない機会です。事前に申込をする必要はありませんので,ぜひ気軽に参加してください。お待ちしています。

○開催日時:2015年1月15日(木)18:15~19:30
○開催場所:釧路館3階グループ学習室 ※当日は案内看板を設置します。
○ゲスト:富田俊明先生(学校カリキュラム開発専攻・芸術教育分野准教授)
○テーマ:アートをめぐる2つの世界の話

釧路館新着図書(ブクログ)

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。