キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

学生アルバイトおすすめ本


学生による学生のためのおすすめ本を紹介する企画を始めました。
紹介ポスターを図書館入口にあるコルクボードに掲示しています。

皆さんと同じ学生のアルバイトが作成した《ズバリ!一言》キャッチフレーズで始まるポスターは、興味を引く本・共感できる本があるかもしれません。
月に一度、新しい本を紹介していく予定ですので、皆さんお楽しみに!
コルクボードでの掲示以外にも、このページやSNSでも過去のおすすめ本を見ることができます。

  

  

  

  

  

おすすめ本(画像クリックで拡大) ひとこと
1 夢の国は、戦略の国?
by S
  

ここをクリック
 大学1年生の時に初めて訪れたⅮランド(通称:夢の国)。見るものすべてが新鮮で、圧倒されていた私。なぜ夢の国はこんなにも人々を魅力するのか?そんな好奇心に駆られ、この本を手に取った。これは、経営学の視点から夢の国を捉え直した本である。

「ファストパスにはギャンブルの原理が使われている?!」
「夢の国はアルバイトが9割?!」
「あえて3分の1の不満を残す?!」

 などなど。この本を読むと、夢の国の舞台裏に触れることが出来る。夢の国は、膨大な努力の上に成り立つ緻密な『戦略的国家』だとさえ感じるかもしれない。しかしだからこそ、夢の国は人の心を動かすのだ。この本は経営だけでない、人生において大切なことを学ぶことが出来る。ぜひあなたも、夢の国の深淵を覗いてみよう。

2 「話し方」は「聞き方」が一番大切!?
by H
  

  ここをクリック
「話すとき、どうしても緊張しちゃう……。」
「二人きりのとき、何話せばいいの?」
「もしかして、私の話ってつまらない?」

 そんな悩み、皆さん感じたことはありませんか?
 日常生活のあらゆる場面において、必要となる「会話」。コミュニケ―ションが大切なのはわかっているけれど、思っているよりも会話って、結構難しい……。常日頃よりそんな不安を抱えていた私が出会ったのが、この本でした。

 まず目を引くのは、このタイトル「話し方が9割」。やっぱり話し方が重要だよなあ、そう思いながら読んでいくと、この本の主題がわかってきました。

 それはつまり、「話し方」は「聞き方が9割」。聞き方を磨けば、話し方も自然と身についていくというのです。
 皆さんもこの本を読んで、不安な会話を楽しいものにしてみませんか?
  


  
3 ちょっと食べてみたいかも…?
by S
  

  ここをクリック
 ゲテモノ料理といえば、カエルやワニが思い浮かびます。
 私が生まれて初めて食べたゲテモノ料理はノースサファリ札幌の焼いた芋虫でしたが、気持ち的にも味的にも苦い思いをしました……

 しかしそんな物とは比にならないくらい「ヤバい」料理が紹介されているのがこの本です。
 筆者である高野秀行さんの実体験に基づいて、世界中のゲテモノ料理が書かれています。カエルのジュース、虫を具材にしたピザ、水牛の脊髄炒めなどなど……

 想像するだけで気分が悪くなりそうですが、高野さんの面白エピソードも書かれてあり、サクサク読めます。むしろ、美味しかったと聞いて食べてみたくなっちゃいました。
 その地域の文化も垣間見ることができて、タメになる面白い一冊です。
  


  
4 シュレディンガーの妖怪
by K
  

  ここをクリック
 ページ数の多さから「小説界の鈍器」と恐れられた妖怪大好き京極夏彦がこの薄さに収まりました。

 しかし侮るなかれ、今日も京極夏彦ワールドは全開。独特な文体や緻密な構成力は隠しきれません。町田尚子さんの絵柄も相まってどこか懐かしいような、不気味なような、あの夏の夜の雰囲気がこの本には閉じ込められています。

 今作は絵本作家と小説家がタッグを組んであなたの心臓を止めに来る「怪談えほんシリーズ」。他の作品も是非読んでみてください。近頃の厳しい暑さに打ち勝つためにも読むのも、秋の夜長に読むのも素敵な作品ばかりです。

 ところで私がこの本を読んだ後、夜あまり眠れないのですがどうしたらよいでしょうか?
  


  
5 劇的な出会いなんていらない。
by S
  

  ここをクリック
 この小説の裏テーマは「出会い」だ。

 私たちは人とのかかわりの中で生きている。ありきたりな出会いの中に生きている。だからこそ、心のどこかで「劇的」な出会いを求めている。

 「アイネクライネナハトムジーク」は、伊坂幸太郎好きな友人が教えてくれた珠玉の一冊である。異なる主人公による短編が数個収録された本であり、登場人物たちはみな「出会い」に思いを馳せている。そんなそれぞれの短編を読み進めるうちに、読者は不思議な感動を覚えていくだろう。最後の短編は必見である。

 モーツァルトの楽曲「アイネクライネナハトムジーク」のように、春の胸の高鳴りを思わせる朗らかな小説だ。
 「出会い」とはなにか?劇的な出会いよりも大事なこととは?読んだ後、あなたの心に灯がともる。
  


  
6 一度は食べてみたい置戸町の給食
by U
  

  ここをクリック
 北海道置戸町には「日本一の給食」と謳われるほどおいしいと評判な給食があります。
 
 この町に住む佐々木十美さんは栄養士として、この町の子どものお腹を満たし健康を支えています。子どもたちに食材の「本物の味」を知ってもらうという佐々木さんの思いは、調味料や化学調味料を極力減らすということや、地元の安全な食品を使うということに繋がりました。

 また子どものためにカレーを甘くしたり魚の骨を一本一本丁寧に取るということはせずに大人になっても通用する食習慣を持ってもらおうとした考えられた給食を提供しました。

 そして地元の自然の温かみを知ってもらうために使用した「オケクラフト」という食器は、ものを大切に扱う気持ちを育て地元産業の発展にも貢献しています。

 佐々木さんの人生や「食」に対する思いを辿ることで、どのように日本一の給食が誕生したかをこの一冊で知ることができます。
  


  

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから