キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

[全館] 英語多読教材(電子ブック)導入のお知らせ

英語多読教材「Macmillan Readers」114タイトル及びアルク「留学応援シリーズ」12タイトルを導入しました。
インターネットに接続できる環境があれば、本学構内のどのパソコンからでもアクセス可能です。
また、パソコンやタブレット、スマートフォンにダウンロードして読むことも可能です。
(同時接続可能数:3)

アクセス先 Maruzen eBook Library

なお、このシリーズは札幌校教育後援会から寄付されたものです。

【注意】閲覧を終了する時は、必ず「閲覧終了」ボタンをクリックしてください。次の利用者が本文閲覧できる状態になります。  

【多読とは】
すらすら読める程度の簡単な語彙の本を多く読むことによって、英語力の向上を目指す学習法です。
以下の多読3原則は、酒井邦秀さんが、『快読100万語ペーパバックへの道』(筑摩書房 2002年6月刊)にて発表したものです。
1.辞書は引かない (引かなくてもわかる本を読む)
2.分からないところは飛ばして前へ進む (わかっているところをつなげて読む)
3.つまらなくなったら止める 

まずは、楽しくすらすら読めるレベルから挑戦してみませんか。

更新日:2014年2月24日

タグ: 
各館ページ: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。