キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

[函館] キャンパス・コンソーシアム函館・講演会「本のこれからを考える」のご案内


現代における「本の価値」や「図書館の役割」を考える

メディアの多様化と出版流通の変化の中で、「本」を取り巻く環境は大きく変化しており、
「本」というメディアに対する既存の価値観が大きく揺らいでいます。
同様に「図書館」を取り巻く状況も変化しつつあります。

本の作り手である北海道在住の編集者と、本をアーカイブする図書館の館長を講師に迎え、
「本」がどのように作られ、どのように読者の手元に届いているかを学び、
現代における「本」の意味や可能性、「図書館」の新しい役割について考えます。

この講演はキャンパス・コンソーシアム函館・ライブラリーリンク(図書館連携)の研修会ですが、
一般にも公開して開催します。参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。
どちらか一方の講演だけでもご参加いただけます。

日時

2016年2月6日(土)14時~17時

会場

函館市中央図書館 視聴覚ホール
(函館市五稜郭町26-1)

参加方法

・入場無料
・申込不要
・定員150名

プログラム

14時~15時10分
本多政史さん(フリーランス編集者兼ライター/北星学園大学非常勤講師)
「出版とコミュニケーション--書籍を中心とした出版編集者の仕事--」

15時15分~16時20分
丹羽秀人さん(函館市中央図書館長)
「出版と図書館の関係--変動する出版界が与える影響--」

16時30分~17時
講師による対談と質疑応答

主催:キャンパス・コンソーシアム函館
運営:ライブラリーリンク(図書館連携プロジェクトチーム)
後援:函館市教育委員会・北海道教育庁渡島教育局

更新日:2016年1月19日

記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから