キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

深い勉強(ラディカル・ラーニング)

『勉強の哲学 ― 来たるべきバカのために (増補版)』千葉雅也(著)

勉強の哲学― 来たるべきバカのために (増補版)

図書の詳しい情報と配架場所をみる:増補版(文春文庫)
図書の詳しい情報と配架場所をみる:単行本版

推薦者

稲井 智義  旭川校 教育発達専攻 幼児教育分野

推薦のことば

 「勉強は変身である」、「勉強は自己破壊である」。誰もが勉強をしたらよいわけではない。勉強をすると「ノリが悪くなる」。「環境=他者=自分以外のものすべて」に支配されている「自分」が少しでも「自由」になるためにはどうしたらよいか。具体的な勉強方法を示しながら語られる。大学での学び方(アカデミックスキル)も学べる。教師は有限化する存在。信頼できる他者は、勉強を続けている人。比較が大切。著者の共著では『ライティングの哲学―書けない悩みのための執筆論―』(星海社新書、2021年)や『言語が消滅する前に』(幻冬舎新書、2021年)もある。幼児教育の基礎概念(環境、言葉、表現、人間関係、健康)を深く考えることもできる。著者が専門とするフランス現代思想の入門書でもある。
 比較のためにアカデミックスキルに関する本を挙げると、佐藤望編『アカデミック・スキルズ(第3版)―大学生のための知的技法入門―』(慶應義塾大学出版会、2020年)、戸田山和久『新版 論文の教室 レポートから卒論まで』(NHKブックス、2022年)がある。

図書情報

『勉強の哲学 ― 来たるべきバカのために (増補版)』
千葉雅也(著)
出版社:文藝春秋(文春文庫)/出版年:2020年/ISBN:9784167914639

※推薦者の所属・身分は2022年3月時点のものです。

記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから

Reading Well ―教育大生に贈る本―vol.2 目次