キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

数学は本来素晴らしいもの

『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』キャシー・オニール(著) 久保 尚子(訳)

『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』

図書の詳しい情報と配架場所をみる

推薦者

後藤 俊一  札幌校 理数教育専攻 算数・数学教育分野

推薦のことば

 原題は"Weapon of MATH Destruction"(数学殺人兵器)です。電子計算機の高速化によって大容量のデータを解析することが可能となり、それが導き出した結果を用いて、複雑になった現代社会のあらゆる問題の解決をはかろうという風潮が近年高まってきています。すでにその影響を身近に感じている人もいるでしょう。
 なぜ数学がひとを殺すのか。著者は米国の事例を紹介していますが、わたしたちにとってもひとごとではありません。
 日本が世界の趨勢に立ち遅れているとの危機感の中、2017年4月には滋賀大学にデータサイエンス学部が誕生しています。それを皮切りにデータサイエンティストを養成するコースがいくつもの大学に開かれました。さらに今後は、小学生のうちからデータの扱いを学ぶようになります。
 未来社会が普通の人にとって暮らしやすいものになりますように。

図書情報

『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』
キャシー・オニール(著) 久保 尚子(訳)
出版社:インターシフト/出版年:2018年/ISBN:9784772695602

※推薦者の所属・身分は2022年3月時点のものです。

記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから

Reading Well ―教育大生に贈る本―vol.2 目次