キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

ちゃんと読んだ本についてきちんと語る方法

『読んでいない本について堂々と語る方法』ピエール・バイヤール(著) 大浦 康介(訳)

読んでいない本について堂々と語る方法

図書の詳しい情報と配架場所をみる

推薦者

大滝 孝治(おおたき こうじ) 釧路校 学校カリキュラム開発専攻/特任講師

推薦のことば

「本を読んだ」という状態にもいろいろあり、その状態ごとにそれなりに言えることがある。
それもうまくやれば、全然読んでいなくてもかなりよさげなことが言える。
ちょっと信じがたいかもしれませんが、確かにそういう方法はあります。
便利そうなテクニックですね(特に卒論執筆のときとか)。

しかし本当に重要なのは、ちゃんと本を読んで、「読んだからこそ語れる大切なこと」を、きちんと語ることです。
玄人には下手なbluffはすぐにわかります。
実はそういう怖い(?)ことが行間に書いてある本なのです。
本書の方法を「一周回って」使ってください。
(結構前に読んだきりの本なので、中身はそこそこ忘れています。本書の方法の応用!)

図書情報

『読んでいない本について堂々と語る方法』
ピエール・バイヤール(著) 大浦 康介(訳)
ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房/出版年:2016年/ ISBN:9784480097576

※推薦者の所属・身分は2019年3月時点のものです。

記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

Reading Well ―教育大生に贈る本― 目次