ログイン | English | ヘルプ

現在地

環境を学ぶなら、ぜひこの一冊!

『太陽電池とLEDの原理』 Adrian Kitai(著) 宇佐美 徳隆(監訳)

太陽電池とLEDの原理

図書の詳しい情報と配架場所をみる

推薦者

松浦 俊彦(まつうら としひこ) 函館校 地域協働専攻/教授

推薦のことば

地球温暖化対策や省電力社会の実現に有力な技術である太陽電池とLEDは、私たちの生活の中で身近になってきている。
腕時計や電卓など太陽電池を使ったものを一つは持っているのではないだろうか。
また、スマートフォンや信号機などLEDを使ったものは生活に欠かせなくなってきている。

さて、みなさんは太陽電池が電気をつくり、LEDが光るしくみを理解しているだろうか。
実は、太陽電池もLEDも中身は半導体であり、その組み合わせによって、発光したり吸収したりするのだ。
これを知らずして環境は語れない。

太陽電池とLEDのしくみを理解して、未来の地球環境を語り合おう!

図書情報

『太陽電池とLEDの原理』
Adrian Kitai(著) 宇佐美 徳隆(監訳)
出版社:丸善出版/出版年:2013年/ISBN:9784621086841

※推薦者の所属・身分は2019年3月時点のものです。

記事の種類: 
Reading Well ―教育大生に贈る本― 目次