ログイン | English | ヘルプ

現在地

函館館利用案内(函館校教職員・学生)

入館について

入館する際は学生証(図書館利用証)を入口ゲートでかざしてください。学生証を忘れた方はカウンターに申し出てください。

資料の利用について

資料の探し方

図書や雑誌等の所蔵の有無や所在は,オンライン蔵書目録で調べることができます。
また図書は主題別に配架されていますので,求める図書の分類番号の書架に行き,直接見ながら探すこともできます。分類番号表は図書館入口に掲示してありますので,参考にしてください。
探している図書が見つからない場合等は,カウンター職員に相談してください。

閲覧

閲覧室の資料は自由に閲覧できます。閲覧後は元の位置に戻してください。
閉架書庫の資料を利用する場合は,カウンターで学生証を提示のうえ手続きをしてください。

貸出について

貸出希望図書と「学生証」または「図書館利用証」をお持ちのうえ,カウンターまたは自動貸出返却装置で手続きしてください。
バーコードの貼られていない資料については,「資料借用票」を記入しカウンターで手続きをしてください。

貸出冊数・期間

利用者区分 冊数 期間 延長回数
学部学生 10冊 図書・雑誌・教科書・一部視聴覚資料:14日間 3回まで
学部4年生・養護教諭特別別科生 プラス10冊 図書:1ヶ月間 2回まで
大学院生 30冊 図書:1ヶ月間 2回まで
雑誌・教科書・一部視聴覚資料:14日間 3回まで
教職員 30冊 図書:1ヶ月間 2回まで
雑誌・教科書・一部視聴覚資料:14日間 3回まで

※学部4年生・養護教諭特別別科生は,卒業論文特別貸出として図書を10冊追加して借りることができます。貸出期間は1ヶ月間です。
※研究等に必要な場合,教職員は図書を100冊追加して借りることができます。貸出期間は1年間です。

貸出できない資料

参考図書,雑誌最新号,新聞,白書,新聞縮刷版,一部視聴覚資料,教師用指導書
ただし,授業等で使用する場合,視聴覚資料と雑誌最新号を除き,一時的に館外へ持ち出すことができます。カウンターで学生証を提示のうえ手続きをしてください。

貸出延長

他の利用者が貸出の予約をしていない場合に限り,貸出期間を3回まで延長することができます。手続きには貸出中の資料と学生証が必要です。

貸出予約

利用希望資料が貸出中の場合,予約ができます。カウンターに申し込んでください。

返却

カウンターまたは「自動貸出返却装置」で返却手続きをしてください。
閉館時は,図書館入口前に設置しているブックポストをご利用ください。

館内資料の複写について

図書館2階に設置されているコピー機を使用し,館内資料の複写を行うことができます。複写には生協のコピーカードが必要です。
複写の際には館内資料複写申込用紙に記入の上,カウンターに提出してください。

なお,複写にあたって以下の点に留意してください。
• 図書は全てではなく,その一部分(図書の半分以下)の複写が可能です。
• 複写部数は1部に限ります。
• 図書館の資料のみ利用できます(私物の複写は厳禁です)。
• その他については館内資料複写申込用紙に書かれている誓約書をよく読み厳守してください。

視聴覚資料の利用について

視聴覚室では,図書館所蔵視聴覚資料および教員が指定した資料の視聴ができます。
利用したい資料と「学生証」または「図書館利用証」を持って,カウンターで手続きをしてください。

利用上の注意

• 他の利用者の迷惑にならないよう,携帯電話の電源を切るかマナーモードに設定してください。
• ペットボトル・水筒など密閉できる蓋付き容器に入った飲み物以外は飲食厳禁です。資料を汚さないようご協力をお願いします。
• 貴重品や手荷物は各自で管理してください。
• 資料を紛失・破損した場合には弁償していただきます。

各館ページ: 
記事の種類: