キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

[札幌] 国立国会図書館図書館向けデジタル化資料送信サービスの利用開始について

附属図書館札幌館では、本学構成員を対象に「図書館向けデジタル化資料送信サービス」を開始しました。
国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な約200万点以上の資料を、館内のパソコンからインターネットを経由して利用できます。

1. 利用開始時期 令和2年3月23日~

2. 利用対象者 本学教職員・学生(学外者は除く)

3. 利用時間 平日8時30分~17時まで

4. 利用場所 札幌館内専用パソコン

5. 利用可能資料 
「国立国会図書館デジタルコレクション」のうち、「国立国会図書館/図書館送信限定」の表示のある資料が対象です。
対象資料には、図書・古典籍・雑誌、博士論文、脚本などが含まれます。
詳細は国立国会図書館のウェブサイト「図書館向けデジタル化資料送信サービス」をご覧ください。

6. 利用方法
◎閲覧
・閲覧申込書をカウンターに提出し、専用パソコンでご利用ください。
◎複写
・複写申込書をカウンターに提出してください。複写は図書館職員がおこないます。
・複写が完了したら連絡しますので、直接受け取りに来てください。なお、複写物のお渡しは翌日以降になる場合があります。
※複写は、著作権法で認められた範囲内のみ可能です。また、その目的は調査研究に限ります。

7. 複写料金(単価)
公費 モノクロ10円 カラー25円
私費 モノクロ20円 カラー35円
※学内文献複写料金と同じ

2020年3月23日作成

記事の種類: 

『READING WELL ―教育大生に贈る本―』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」が47冊も紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。