ログイン | English | ヘルプ

現在地

活動報告

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第2回子どもと遊び、話す中から子ども理解を深める特別講座を開催しました

6月28日と7月5日の2日間にかけて、グループ学習室で学習支援員の小谷要次先生による「子どもと遊び、話す中から子ども理解を深める特別講座」を開催しました。

第2回の7月5日は「生徒指導を考える」をテーマに26名の学生と7名の教職員が参加しました。


生徒指導のイメージというと、子どもの問題行動の対応というイメージがあると思いますが、問題行動の対応だけでなく、挨拶指導や授業中の発言の仕方など子どもの成長・発達を促すものはすべて生徒指導であると教えていただきました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第1回子どもと遊び、話す中から子ども理解を深める特別講座を開催しました

6月28日と7月5日の2日間にかけて、グループ学習室で学習支援員の小谷要次先生による「子どもと遊び、話す中から子ども理解を深める特別講座」を開催しました。

初回の6月28日は「教職への情熱を高める教育実習」をテーマに15名の学生と3名の教職員が参加しました。


今回小谷先生が教育実習に行く学生に伝えたかったのは、
「子ども理解に始まり、子ども理解で終わる教育実習にしてほしい」ということでした。


初めに小谷先生から講座の受講者に「教職に就く上で何が不安か」という問いかけがありました。
受講者からは「授業づくりがちゃんとできるか」「子どもとちゃんとコミュニケーションがとれるか」などの意見があげられました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第6回職員室ICT活用講座を行いました

6月28日(木)12:15-12:45グループ学習室で第6回ICT活用講座を行いました。

第6回は14名の学生、6名の教職員が参加し、「プログラミング教育の実際」をテーマに、お話を伺いました。

2020年から新しい学習指導要領に沿った学習が開始される予定ですが、その中で小学校では「プログラミング教育」が必修化されます。
プログラミング教育のイメージというと、いわゆる「コード書き」のような専門的なものを想像する人が多いのではないでしょうか。


しかし実際はコード書きのようなものではなく、プログラミング教材等を使ってコンピューターにどのような命令をすればどのように動くかという論理的思考力を養うものだということを山中先生が教えてくださいました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第5回職員室ICT活用講座を行いました

6月26日(火)12:15-12:45に、グループ学習室で第5回ICT活用講座を行いました。

今回は山中先生の「電子教材の実際」で、参加者は学生20名、教職員5名でした。

最初に山中先生がみんなに問います。「ICTのイメージは?」

----- 難しい? 最新式? 便利? --------

みんな、さまざまに思い浮かべます。

そんな中で、山中先生が「ぼくのICTのイメージは、”Itumo Chotto Trouble” です」とおっしゃって、会場は一気に和みました。

笑いの中で、Troubleを回避するには事前の準備が必要であることも教えてくださいました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

芸術・スポーツビジネス専攻2年・櫻庭さんと田口さんが≪みんなで文化的なキャンパスを作ろう!≫のプロジェクトの一つとして、展示「“忘れていること”を思い出させてくれる絵本」と「絵本読み聞かせ」を行います。

展示は『図書館内絵本コーナー』に、読み聞かせは『学生ホール図書館側(図書館入り口付近)』で以下の日時となります。

展示も読み聞かせも、どうぞお楽しみください。

---

2018年7月11日(水)
1回目→12:30~
2回目→12:40~

---

また、≪みんなで文化的なキャンパスを作ろう!≫(主催:芸術・スポーツ専攻2年)のポスターも掲載しました。
7月4日(水)~20日(金)まで、様々な企画が催されますので、こちらも併せてお楽しみください。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第4回職員室ICT活用講座を行いました

6月25日(月)12:15-12:45グループ学習室で第4回ICT活用講座を行いました。

第4回は15名の学生、7名の教職員が参加し、「時短とライフハック」をテーマに教師だけではなく、すべての働く人に役立つ、効率のいい働き方についてのお話を伺いました。

今回は佐藤先生が重要だと話していたのは「準備の大切さ」です。学生のうちから取り組める仕事に就く前に準備しておいたほうが良いことを教えていただきました。

例えばショートカットキーにはどんなものがあるのか、マウスとトラックパッドではどちらのほうが入力を早くできるかなど、効率の良い仕事につなげるためには事前に調べられるものは調べておく準備が重要だというお話でした。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第3回職員室ICT活用講座を行いました

6月22日(金)12:15-12:45にグループ学習室で第3回ICT活用講座を行いました。

第3回は21名の学生、5名の教職員が参加し、「撮影した写真・動画をどう扱うか」をテーマに講義を行いました。

教職につくと、著作権・肖像権関連で気を付けなければいけないことが多々あります。

例えば、卒業式等で使うフォトムービーの肖像権は?保護者にだけならムービーをDVDに焼いて配ってもいいの?BGMは好きな楽曲を使っても大丈夫?など、実際に佐藤先生が経験した事例を踏まえつつ、ポイントをわかりやすく解説していただきました。

講座の中では画像編集ソフトや動画編集ソフトも紹介され、先生が作ったフォトムービーを見ながら「写真をどう魅せるか」ということについても説明がありました。

第4回ICT活用講座は6月25日(月)12:15からグループ学習室で行います。

佐藤先生の最後の講座になります。テーマは「時短とライフハック」です。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第2回職員室ICT活用講座を行いました

6月20日(水)12:15-12:45にグループ学習室で第2回ICT活用講座を行いました。

第2回は23名の学生、7名の教職員が参加しました。

今回の重要テーマは「ICTの使用方法に関心を持とう!」ということでした。

実際に働きだすと、いままで使ったことのないソフトウェアやシステムを扱うことが多いものです。そんな時に新しいものに対して興味を持って使ってみることだということをお話しいただきました。

他にも教員生活の中で佐藤先生が遭遇した「職員室ICTあるある」や小学生が楽しみながら学習できるソフトウェアの紹介などもあり、講座の最後には絵本についてのブックトークも伺うことが出来ました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

第1回職員室ICT活用講座を行いました

6月18日(月)グループ学習室で第1回職員室ICT活用講座を行いました。

この講座は学校臨床の佐藤聖士先生・山中謙司先生から、実際の学校現場でどのようなことが求められているのか、ICTの運用がどのように行われているかなどを全6回にわたってお話ししていただくものです。第1回から第4回は佐藤先生、第5回から第6回は山中先生が講座を担当します。

第1回は21名の学生、3名の教員が参加しました。

今回佐藤先生が学生に一番伝えたかったテーマは「個人情報の管理」でした。近年個人情報の流出が相次いでおり、大きな社会問題になっています。学校教員が個人情報を取り扱う上で気を付けなければならないことを元教頭先生の経験をもとにお話しされ、受講者のみなさんも真剣に耳を傾けていました。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

旭川館活動報告2017年度

[旭川館企画]
学生選書ツアー
「アロマ基礎講座」
初心者図書修理講習会

[就職対策関係]
集団討論セミナー

[その他]
不要図書無償譲渡会

ページ