キーワード検索
カテゴリ検索
詳細検索

現在地

釧路館のお知らせ

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

釧路館利用者各位

本日から明日にかけて暴風雨になることが予想されるため,本日(8/22)は17:00で閉館することといたします。
ご了承ください。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

釧路館では、1月13日に、学生図書館サポーター企画として「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催しました。
当日の模様について、サポーター自身から以下のとおり報告してもらいました。

--------------------------------------------
平成28年1月13日(水)18:30から、図書館3階グループ学習室にて「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」というイベントを、「自己表現の世界を知る」というテーマで開催しました。学生だけではなく先生方も参加してくださり、合わせて9名の参加者を得ることができました。
今回講師を引き受けてくださったのは、音楽の中西紗織先生です。サポーターの一人が司会を務め、中西先生と対話するスタイルで進行していきました。

はじめに、中西先生の専門のひとつである「能」についてのお話をスライド、ビデオ映像などを交え紹介していただきました。
その後、今回の企画のテーマである“自己表現”、“自分らしさ”について、能の観点から、中西先生の師匠や世阿弥の言葉などを用いて語ってくださいました。普段の生活では「型にはめる」という言葉はあまり良い印象を与えない言葉と捉えられがちですが、能の世界では、それが個性を獲得するための第一歩であるとの話が印象的でした。

未定義
各館ページ: 

釧路館では,学生図書館サポーター企画として,1月13日(水)18:30~19:30に,図書館グループ学習室において「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催します。このイベントは,先生を一人お招きして,あるテーマでお話しいただき参加者と交流するものです。今回は音楽の中西紗織先生をゲストにお迎えし,「自己表現の世界を知る」と題して開催します。

この「トーク・イン・ライブラリー」は,「大学にはたくさんの先生方がいるのに,講義でしか関わりがないのはもったいない!」という学生図書館サポーターたちの思いが発端となって昨年度から開催しているものです。事前に申込をする必要はありませんので,ぜひ気軽に参加してください。お待ちしています。

○開催日時:2016年1月13日(水)18:30~19:30
○開催場所:図書館3階グループ学習室 ※当日は案内看板を設置します。
○ゲスト:中西紗織先生(学校カリキュラム開発専攻 美術・音楽分野(音楽)講師)
○テーマ:自己表現の世界を知る

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

11月末より、釧路館3階にて、「留学・国際交流に関する展示」を始めております!

『留学について知ってほしい』
『留学に関する不安や、帰国後の進路についての不安な気持ちに応えたい』
…そのような思いで選んだ本たちを並べてみました。

留学展示1

英語に自信が持てないという方には、TOEIC・TOFELなども展示しています。

留学展示2

楽しみながら英語に親しみたいとお思いの方には、英語多読本がオススメです。

少しでも興味のある方がおりましたら、ぜひ、手に取ってご覧ください!

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

北海道教育大学5キャンパスを巡回して展示する「学校図書館の現在(いま)を知る」を,11月17日(火)から26日(木)まで釧路館3階で開催しています。
今年度から施行となった改正学校図書館に伴い,授業支援や読書指導,学校図書館の活動の実例を紹介しています。
この企画に合わせて,学校図書館に関連する図書も展示しております。
少しでも多くの利用者の方に手に取りやすいよう,展示物もファイル形式になっておりますので,興味を持たれた方はぜひご覧になってみてください。

展示の様子1

展示の様子2

未定義
各館ページ: 

各位

本日(2015/10/8)午後の釧路校休講措置に伴い,附属図書館釧路館も休館することといたしましたので,お知らせします。

(釧路校室学術情報グループ)

未定義
各館ページ: 

図書館で「何か」をしてみませんか?
例えば、本の展示とか、イベントとか、設備の改善とか、飾りつけとか。。。

釧路館では、図書館に関心のある皆さんを「学生図書館サポーター」として登録し、定期的にミーティングを開いて、図書館を活性化するために皆さんのアイディアを取り入れていきたいと考えています。

興味のある人は、以下をよく読んで応募してください。
みなさんからの応募をお待ちしています。

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

この度,以下のとおり休館することとなりましたので,お知らせいたします。
ご不便をおかけしますが,ご了承願います。

 ・停電に伴う休館             2月28日(土)
 ・大学院(専門職学位課程)入試に伴う休館 3月 1日(日)

未定義
各館ページ: 
記事の種類: 

釧路館では,平成26年度学生図書館サポーター企画として,1月15日(木)に釧路館内グループ学習室において「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催しました。このイベントは,釧路校の先生を一人お招きして,あるテーマでお話しいただき参加者と交流するもので,今回は学校カリキュラム開発専攻・芸術グループの富田俊明准教授をゲストにお迎えし「アートをめぐる2つの世界の話」と題して開催しました。

当日は,学生をはじめ教員や学外者を含めて12名の方々が参加してくださり,図書館サポーターの司会の下,富田先生が20年にわたり世界中でさまざまな人々と交流してきた様子をスライド写真で鑑賞した後,学生時代の話や,創作についての考え方など,堅い話から柔らかい話題まで,いろいろと伺うことができました。

参加者からは「アートについて考えるきっかけとなった」,「教育の世界ではアートのセンスがとても大事だと思った」などの声が聞かれ,イベントは盛会のうちに終了しました。

なお,釧路館のホームページ内にあるブログにおいて,この企画を実施したサポーターによるイベント報告記事がありますので,ぜひご覧ください。

未定義
各館ページ: 

釧路館では,学生図書館サポーター企画として,1月15日(木)18:15~19:30に,釧路館内グループ学習室において「トーク・イン・ライブラリー ~先生と語る~」を開催します。このイベントは,釧路校の先生を一人お招きして,あるテーマでお話しいただき参加者と交流するものです。今回は芸術教育の富田俊明先生をゲストにお迎えし,「アートをめぐる2つの世界の話」と題して開催します。

ところで,みなさんは“アート”をどのようなものだと考えていますか? もしかしたら,“高級なもの”,“自分には関係ないもの”と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが,富田先生は“アートは自分の中にある”とおっしゃいます。どういうことなのでしょうか?

この「トーク・イン・ライブラリー」は,「大学にはたくさんの先生方がいるのに,講義でしか関わりがないのはもったいない!」という学生図書館サポーターたちの思いが発端となって企画されました。普段はゆっくりとお話をすることのない先生に接することのできるまたとない機会です。事前に申込をする必要はありませんので,ぜひ気軽に参加してください。お待ちしています。

○開催日時:2015年1月15日(木)18:15~19:30
○開催場所:釧路館3階グループ学習室 ※当日は案内看板を設置します。

ページ

『READING WELL ―教育大生に贈る本― vol.2』には、本学教員推薦の「学生に読んでほしい本」59冊が紹介されています。
 あなたのお気に入りの1冊が見つかるかもしれません。
  こちらをクリックするとご覧いただけます。

★PDF版は リポジトリからご覧になれます。
★vol.1は こちらから